イベント|フィンランド陶芸展

f:id:r-i-q:20180825162617j:plain

フィンランドというと、イッタラマリメッコなどのプロダクトデザインが人気。

この展覧会では、あまり知る機会の無かった、芸術作品としてのフィンランド陶芸の流れを知ることができます。

 

アラビアの「パラティッシ」シリーズのデザインで有名なビルゲル(ビルイエル)・カイピアイネンの作品も展示されています。

飾皿や彫像で表現されている世界は、おおらかでやさしく、それでいてゴージャス。

 

「絵画的表現(ピクトリアリズム)」の作品として、彼と並んで紹介されていた、ルート・ブリュックのおとぎ話のような陶板作品も美しかった。

 

はじめて訪れた美術館ですが、こぢんまりとしていて(もちろん良い意味)、ゆっくり回ることができました。

 

目黒区美術館