あせも体質なので、ももの葉ローションを買ってみました!

f:id:r-i-q:20180612220850j:plain

 

あせも、虫刺され・・・夏は肌トラブルの季節

ここ5年ほど、夏になるとあせもに伴う湿疹に悩まされています。

主に首、ひざ・ひじの裏側の、汗がたまりやすい場所が赤くなり、痒みもあります。

小さい子どもがなるものと思っていたのですが、あせもに悩む大人って結構多いようです。

 

この季節、ドラッグストアには虫刺されの薬がたくさん並びますが、実はあせもの薬も充実してます!

子ども用から、大人用まで。どれにしようか悩むくらい。

 

あせもは予防が大事らしい

去年までは、夏のお風呂上りにはベビーパウダーをはたくのが日課でした。

さらっとして良いのですが、既にできてしまったあせもには、逆効果だそうです。

 

その他の対策には、こまめに汗を拭く、冷房を付ける、吸湿性の良い服を着る、などが挙げられます。

汗を拭くときは、肌に摩擦を与えないよう、そっと拭くのがポイント。

 

今年から、ももの葉ローションを導入

ベビーパウダー以外にも良い対策は無いかな、と調べるうちに、桃の葉ローションというものを知りました。

 

ベビーパウダーと同様、あせもができる前から、予防的に塗ると良いらしい。

毎朝毎晩、顔のスキンケアと一緒に、あせもができやすい部位に塗ることにしました。

パウダーは粉が飛び散るのでお風呂場ではたいていたのですが、ローションはその点面倒臭くない。

 

トロミがあるテクスチャで塗りやすいです。

しっかり保湿という感じではないですが、夏にはちょうど良さそう。

 

ももの葉を入れたお風呂を「桃葉湯(とうようとう)」と言って、暑い時期に入るそうです。

昔から肌あれにに良いとされていたんですね。

 

ドラッグストアでは、赤ちゃんコーナーに置いてありました。

 

 

広告を非表示にする